花痴の有効成分・効果・副作用・体験者の口コミ情報を全て集結!
当サイトで紹介している商品「花痴」は、100%アフェリエイトプログラムを利用した ものでございます。 アフェリエイトとは商品やサービスを販売・提供している企業・販売店と提 携し、その商品やサービスをお客様にご紹介する事業形態の事です。 提携ショップ「中国漢方通販」には、当サイト管理人が過去に利用したことのある、信頼と実 績のある企業を選んでおりますので、ご安心してご利用ください。

女性の性感から言えば、お尻はそれ程感じるパ

性交痛は若い人にも起こります。主に出産後で産後1年ぐらいは膣内や子宮の回復がうまくいかずに痛むことがありますが、それ以上長く続く場合は精神的なダメージなどほかのことが原因です。それでは実際のセックスにおいて、お尻を愛撫した時に、女性は全く感じないかと言うと、そんなことも無いのが実情です。なぜそのような事が起こるかと言うと、女性から見ると、お尻が愛撫されると言う事は、羞恥によって発生する性的興奮と思いますからです。

 お尻の愛撫は、女性にとってお尻は性感帯として見たときはとても弱いので、刺激によって、興奮する部位では無く、精神的な働きとして、羞恥心により、興奮して行く部位だと言う事を理解しておくことです。 また、ひと月に1回とか、年に数回程度の頻度でしかセックスをしない場合は、初体験に近い感覚に戻るので、痛むことがあります。痛みを我慢しつづけると、無意識に腟の筋肉が収縮することがあります。これを「ワギニスムス」といい、人によっては挿入できなくなるほど収縮します。ワギニスムスを改善するには、とにかく痛みを我慢しないこと。相手の男性に協力してもらい、痛みを感じない工夫をしましょう。

 痛みを感じることなく性交できれば、恐怖心や緊張感が和らぎ、症状も徐々に改善していきます。慣れるまでは、ベビーオイルや市販の腟潤滑用ゼリーを使うとよいでしょう。恐怖心や緊張感がなかなか改善しない場合には、セックスカウンセラーやセックスセラピストに相談するのも一つの方法です。愛撫される事で、恥ずかしさを感じながらも、逆に性的に興奮していきます。女性の性感から言えば、お尻はそれ程感じるパーツとは言えません。それは、性的興奮が起き易い部位には、神経が密集しているのですが、お尻はおっぱいと同じく、主に脂肪で構成されているわけです。

花痴の購入はこちらか

花痴の購入はこちらから。